プロペシアの効果は本物?

世界的にも有名なAGA治療薬のプロペシアですが、人々に愛されるだけあってその効果は本物なのでしょうか?どれくらい使い続ければ効果があらわれるのでしょうか?気になるプロペシアについて調べてみました。

記事一覧

育毛剤と比較してプロペシアが薬名の治療薬について

薄毛で悩んでいる人が使用する対策法としては、育毛剤や育毛シャンプーなどがあると言えますが、それらと比較して医学的に効果が認められているものは、フィナステリドとミノキシジルしかありません。一般的に販売されている育毛剤などよりも、フィナステリドとミノキシジルについてはアメリカのFDAや日本の厚生労働省による認可を受けていることで、高い効果が得られることが証明されています。薄毛の代表的な症状として男性型脱毛症のAGAがあり、フィナステリドとミノキシジルについては、このAGAを治療する効果があると言われています。フィナステリドはプロペシアという薬名で販売されており、ドラッグストアなどで購入することができる医薬品ではなく、入手するためには医師の処方箋が必要となります。プロペシアに含まれているフィナステリドには、睾丸にある男性ホルモンと体内の還元酵素の5αリダクターゼが結合して生み出される、DHTの生成を抑制させる効果があります。フィナステリドの効果によってDHTの発生を防ぐことで、薄毛や抜け毛の進行を止めることが可能となり、通常どおりのヘアサイクルを取り戻すことができます。髪の毛が抜けにくい状態にすることで、発毛に繋げることができる医薬品であると考えられています。プロペシアの処方は薄毛治療を受け付けている皮膚科や内科、AGA治療をしているクリニックなどで行われています。プロペシアの購入には保険が適用されないために、初診料や再診料も含めて1か月あたりにつき10000円ほどの費用がかかることを知っておく必要があります。投薬治療の場合には、効果が実感できるようになるまでに、4か月から半年ほどの期間がかかりますので、継続的にプロペシアの服用を行っていくことになります。

続きを読む

ファッションで足脱毛とプロペシアの矛盾衝突

足のすねにムダ毛が生えている、もしくは生えすぎている男性は女性から嫌われるようになる時代が到来しました。男性も足のすねを見せるファッションが多くなり、男性もムダ毛処理をしなくてはならないようになっています。特に足を見せるファッションをしたい男性は、すね毛処理が必須です。

どうしてすね毛の処理が必要なほど生えているのに、生えない部分が体にあるのかと憤りを感じることもあるでしょう。ムダ毛は濃いのに、頭髪は薄くなっていることに悩んでいる男性は多く、それこそAGAの特徴になっています。男性らしい体になることを指令するホルモンがそうさせているのがAGAです。胸毛やすね毛といった部分は濃くなりますが、頭髪だけは薄くなっていく症状であり、これを改善するにはプロペシアが求められます。

悪さをしているのは男性ホルモンですが、すべての男性ホルモンが悪いわけではありません。ある酵素と結びつくことで、男性ホルモンが脱毛を促進させるホルモンに変わり、頭髪だけ薄毛になってしまいます。その酵素と男性ホルモンが結び付かなくするのがプロペシアになり、AGA治療には欠かせない医薬品です。

仮にムダ毛が多いように感じたときは、男性ホルモンが悪さをして薄毛になる可能性があることを、男性は知識として持っていた方が良いです。AGA治療は早めに治療をすることで、改善も早くなる特徴を持っています。薄毛になり頭皮が見えるような状況になってしまうと、完全に回復するのは今の医学では難しいです。抜け毛が多くなり始めたときにこそ、プロペシアは大きな力を貸してくれます。ムダ毛が多い男性はAGAに注意をし、いつでも治療を開始できるように準備を整えておくことをおすすめします。

続きを読む

松下脱毛器のムダ毛処理とクリニックのプロペシア

ムダ毛が気になるのなら、松下脱毛器を使うのが便利です。大手家電メーカーの製品ですので、安全性が高く、綺麗にムダ毛を処理することができます。
ちなみに松下脱毛器という名の製品が、実際に販売されているわけではありません。松下とはパナソニックの元である、松下電器のことです。現在では名称が変更されていますが、松下電器の名は古くから親しまれており、一定以上の年齢の人から、いまだにそう呼ばれています。
脱毛器でムダ毛を処理するほど、毛の多い状態でありながら、頭髪が薄くなってしまうという男性はとても多く存在します。頭髪の薄さはまた違った原因が関わってきますので、体毛とは別の症状が発生することがよくあります。
頭髪の薄毛は、クリニックで治療を受けられます。入院が必要な治療ではありませんので、大学病院ではなく、町に存在する小さなクリニックでも十分に対応してもらえます。
クリニックで薄毛治療を受ける際に処方されるのが、プロペシアという内服薬です。飲むだけで薄毛の原因に作用し、症状の進行を食い止めたり、発毛効果が得られるようになります。プロペシアは男性専用の治療薬ですので、女性は服用できません。服用どころか、割った錠剤に触ることすら許されていない強い薬ですので、取り扱いには注意しましょう。
特に妊婦に対する副作用の心配が指摘されています。奥さんが妊娠中である場合に、プロペシアで薄毛治療をするときには、奥さんが錠剤に触れないよう、厳重に管理をしましょう。
プロペシアで治療を行っていれば、早い人なら3ヶ月くらいで発毛効果を実感できるようになります。半年から1年程度経過すれば、かなりの割合で治療効果があらわれますので、根気よく治療を続けましょう。

続きを読む

プロペシア服用後も手入れ、抜け毛本数が増えることも

男性型脱毛症のAGA治療薬として、プロペシアを処方されることがあります。アメリカで開発された薬ですが、日本でも製造販売申請が認められていて、国内正規品の提供が行われています。

AGAが起こる原因物質のDHTは、脱毛が多くなっている部分の頭皮に多く見られるようになります。5α還元酵素によってテストステロンが変換され生成されるものであり、毛乳頭細胞に存在している男性ホルモン受容体と結合することで、退行期や休止期移行するように信号が出されてしまうため、成長期の期間が短くなって十分に髪の毛が伸びきる前に抜けてしまうようになります。

プロペシアは5α-還元酵素を阻害することに有効性があるのでDHTが作られにくくなり、成長期が十分に確保され健康な髪の成長が見られるようになってきます。

処方されて服用すると徐々に改善して行きますが、その過程で不健康な髪が抜けて正しいヘアサイクルで発毛を行おうとします。退行期や休止期の信号を受けて、成長が不十分だった髪の毛がたくさんなる人ほど本数が多く抜け変わるため、一時的に脱毛量が増えてしまう人がいます。初期脱毛と呼ぶ人もいますが、薬の作用が効き始めている証拠でもあるので、心配して薬の服用をやめたりしないようにしましょう。

初期脱毛が起きているときに、抜ける毛を見たくなくてあまり洗髪をしないで過ごしてしまう人がいますが、大きな誤りで健康な髪を生やすために手入れが重要な時期です。丁寧にシャンプーを行い、不健康な髪の毛が抜け変わるようにしなければならず、毛穴の汚れを取り除き頭皮の血行が促進されることも必要です。

プロペシアを服用しながら複合的な治療を受けることでより改善する人もいるので、医師の診察を受けて治療を進めていく方が高い効果が期待できます。

続きを読む

レバーなどの食材の効果とプロペシアとフィンペシア

食生活の乱れは身体の様々な部分に悪影響を与える事になります。
昔の食生活は穀物を中心とした日本食であり、現代の食生活はアメリカなどの欧米化が進んでおり、これに伴い従来は発症しなかった症状を持つ疾患も多くなっています。

薄毛などにおいても、従来の薄毛と言うと円形脱毛症やハゲと言われているものが中心となっていましたが、食生活の乱れなどによりAGAと言った遺伝性を持つ薄毛などを生じさせてしまうケースも在ります。

食事は栄養バランスを考えて摂ることが大切なのですが、薄毛予防に最適な食材の一つにレバーが在ります。

レバーは体内細胞の代謝を促進させる作用を持ち、毛母細胞の細胞分裂を活発にするのが特徴で、レバーにはビタミンB2と呼ばれている成分が多く含まれているのが特徴です。

そもそもビタミンB郡と言う栄養素は、毛母細胞の細胞分裂を活性化する役割を持つため、レバー以外にも卵や大豆、乳製品、緑黄色野菜と言ったビタミンB2が多く含まれている食材が予防に最適と言われています。

プロペシアはAGAの特効薬として有名な医薬品で、AGA治療には欠かせない存在になっていますが、最近はフィンペシアと言うインドの製薬会社が発売しているジェネリック医薬品に注目が集まっています。

プロペシアとフィンペシアはそれぞれフィナステリドが成分となっている治療薬で、AGAの原因となる5αリダクターゼと言う還元酵素を阻害し、抜け毛を防止する事が可能になります。

尚、男性型脱毛症の治療として1日1錠を服用する事で、ヘアサイクルが正常になり発毛を期待する事出来ると言われています。

また、日本皮膚科学会が策定している男性型脱毛症ガイドラインの中でもフィナステリドが推奨されているのが特徴です。

続きを読む

プロペシアを輸入代行業者でチェック

 薄毛や抜け毛の悩みは深刻になりやすく、市販薬でもなかなか治せるものではありません。そこで、現在では、AGA治療の専門機関があり、そこでの植毛やお薬によって、薄毛や抜け毛を治療することができます。特に、AGA治療薬では絶大な成果を上げているものとしてプロペシアがあります。このプロペシアという薬はその他の育毛剤とは形状が異なることを特徴としています。通常ならば、AGA治療薬と言えば、頭皮に直接塗布したり、スプレーしたりするものが主流ですが、このプロペシアは服薬して、薄毛や抜け毛を治療するという点で特徴的です。プロペシアは保険適用外であるため、処方してもらうと比較的高額ですが、近年では輸入代行業者を通して、安く購入することも可能となっています。しかも、輸入代行業者を通して購入する場合、支払い方法がいくつかあるだけでなく、自宅に送ってもらえるということもあり、病院のように待たされることなく、受け取ることも可能です。勿論、悪天候の際でも、家から一歩も出ずに受け取ることもできます。輸入代行業者自体もいくつかあるため、お支払い方法や価格、アフターフォロー等、自分に合ったところから選ぶようにしましょう。そのためには、輸入代行業者についてもチェックする必要もあるかもしれません。
 AGA治療薬も日進月歩で進化しているため、次々に新薬が開発されています。しかし、新しくて、有効な薬は多くの場合、海外で開発され、出回るようになります。そのため、アンテナを高くして、最新のAGA治療薬についてもチェックし、それが輸入代行業者を通して購入可能かどうかを調べてみても良いのではないでしょうか。そこで、効果や価格が信頼できるものであるなら、購入すると良いでしょう。

続きを読む

かつらによる薄毛隠しとプロペシアの評判

薄毛隠しの代表的な方法にかつらの装着が挙げられます。部分的に装着するタイプもあれば全体的に隠すことができるタイプもあり、それぞれの薄毛の程度に合わせて利用することができます。安い物ですと人工的な感じが出てしまいますので周りからも気付かれてしまう可能性がありますが、オーダーメイド品の場合ですとまるで本物の髪の毛のようですから自前の髪の毛に近く感じられるはずです。
しかしかつらは人工物で隠しているだけに過ぎず、外してしまえば結局は薄毛のままです。その為、常に薄毛についての悩みが消えないままになってしまうことあることでしょう。薄毛について悩まずに済む為には自前の髪の毛を回復させるしかありません。以前なら薄毛になってしまうと回復は難しいとされていましたが、現在ではプロペシアを始めとした治療薬も登場していますので回復できる可能性もあるのです。
プロペシアの評判としては過去に例がないくらいに高い評価を集めています。昔から効果があると謳われていた発毛剤はいくつもありましたが、しかしながら実際のところは殆ど効果がないことが多かったです。その点、プロペシアに関しては本当に発毛ができた例が沢山あり、薄毛に悩んでいる方の救世主のように扱われているのです。これだけ優れた効果を発揮する薬は存在しませんでしたので画期的な治療薬として注目を集めています。
ただ全ての人に効き目があるわけではないことも知っておいた方が良いでしょう。そもそもプロペシアは男性型脱毛症の為の薬ですので、それ以外の原因で脱毛になっていると効き目はありません。また、薄毛になってから長い時間が経っていると毛根が弱って効き目も出難くなりますから早めに活用しないと回復率が低くなってしまうことがあるのです。

続きを読む

プロペシアがもたらす効果とは

男性型脱毛症と呼ばれるAGAを発症すると、そのままの状態にしておけば、やがて頭部の広範囲にわたり薄毛が見られるようになります。髪の毛がない状態でもかつらなどでカバーすることはできますが、自分の髪の毛を維持していきたいというのであれば、医療機関で治療を受けてみるとよいかもしれません。医療機関で行われている治療は、主に薬物療法と呼ばれるものであれ、内服薬を服用するというシンプルな治療法となっています。どのような薬を服用するのかというと、プロペシアと呼ばれる薬を処方されるというのが一般的です。このプロペシアと呼ばれる薬は、国の機関からも認可された薬でもあるので、薬を内服することに対して不安を感じる人でも安心して服用することができる薬であるということが言えるでしょう。具体的にどのような効果をもたらすのかというと、薄毛の改善効果と薄毛の進行の予防に効果をもたらします。薄毛の改善効果については、個人差がありますが、細く弱くなってしまった髪の毛がプロペシアを服用することによって生え変わり、太い髪の毛に成長していき、薄毛が改善することになります。これはプロペシアを服用することによって、AGAの原因となっているホルモンの生成を抑え、毛髪に必要な栄養素が毛母細胞に運ばれるようになったためと考えられます。薄毛の進行の予防に関しては、プロペシアを服用し続けることによって、AGAの原因となっているホルモンを抑制し続けることになるので、プロペシアを服用している間は薄毛は進行していかないので、薄毛の進行の予防効果につながります。ただし、プロペシアの服用を中断すれば、再び薄毛が進行する可能性はありますから、薬のやめるタイミングも大事になってきます。

続きを読む

プロペシアを女性が使用不可の理由

プロペシアは男性型脱毛症の治療薬です。ところで男性型脱毛症に類似したような症状は、実は女性にも起こり得るものです。そのため女性にもプロペシアを使用しても良いのでは、と考える人もいるかもしれません。しかしこれは絶対にやってはいけないことです。その理由は以下の通りです。まずプロペシアには、男性ホルモンや、それと結合することで発毛や育毛を阻害するような物質に変換してしまう特定酵素の分泌を抑える作用があります。男性ホルモンは女性の体内にも僅かながら分泌されています。そしてその作用が強く出ることで、女性の頭髪トラブルは発生しやすくなります。しかし女性の場合、それはプロペシアで抑えるほどではないと言うのが理由のひとつです。女性の場合、プロペシアで男性ホルモンに作用を及ぼすことよりも、発毛や育毛に働きかける作用を持った女性ホルモンの分泌利用を増やす努力をした方が、ずっと効果を期待できます。ところで女性ホルモンの分泌量には、男性ホルモンの分泌量も関係しています。ですからプロペシアを服用し、男性ホルモンの分泌量に影響が及ぼされると、女性ホルモンの分泌量までが狂ってしまう恐れがあります。女性ホルモンは女性の心身の健康を司っている存在です。そこに影響が及ぶと、頭髪トラブルだけではなくあらゆる面でトラブルが発生する可能性が高くなってしまいます。これもまた、女性が利用してはならない理由のひとつです。更にプロペシアの薬効は、妊娠中や妊娠を意識している女性には、その胎児にまで及ぶ可能性もあると言うのも理由です。胎児が男児であった場合、男性ホルモンの分泌量などが低下することで、性機能が未熟なまま誕生する可能性が指摘されています。また女児であった場合にも、何らかの影響が出てくる可能性は完全には否定できないとされています。そのためこのような女性に関しては、プロペシアの薬剤に触れることすら禁止されています。

続きを読む