プロペシアの効果は本物?

世界的にも有名なAGA治療薬のプロペシアですが、人々に愛されるだけあってその効果は本物なのでしょうか?どれくらい使い続ければ効果があらわれるのでしょうか?気になるプロペシアについて調べてみました。

2016年08月の記事一覧

プロペシアがもたらす効果とは

男性型脱毛症と呼ばれるAGAを発症すると、そのままの状態にしておけば、やがて頭部の広範囲にわたり薄毛が見られるようになります。髪の毛がない状態でもかつらなどでカバーすることはできますが、自分の髪の毛を維持していきたいというのであれば、医療機関で治療を受けてみるとよいかもしれません。医療機関で行われている治療は、主に薬物療法と呼ばれるものであれ、内服薬を服用するというシンプルな治療法となっています。どのような薬を服用するのかというと、プロペシアと呼ばれる薬を処方されるというのが一般的です。このプロペシアと呼ばれる薬は、国の機関からも認可された薬でもあるので、薬を内服することに対して不安を感じる人でも安心して服用することができる薬であるということが言えるでしょう。具体的にどのような効果をもたらすのかというと、薄毛の改善効果と薄毛の進行の予防に効果をもたらします。薄毛の改善効果については、個人差がありますが、細く弱くなってしまった髪の毛がプロペシアを服用することによって生え変わり、太い髪の毛に成長していき、薄毛が改善することになります。これはプロペシアを服用することによって、AGAの原因となっているホルモンの生成を抑え、毛髪に必要な栄養素が毛母細胞に運ばれるようになったためと考えられます。薄毛の進行の予防に関しては、プロペシアを服用し続けることによって、AGAの原因となっているホルモンを抑制し続けることになるので、プロペシアを服用している間は薄毛は進行していかないので、薄毛の進行の予防効果につながります。ただし、プロペシアの服用を中断すれば、再び薄毛が進行する可能性はありますから、薬のやめるタイミングも大事になってきます。

続きを読む

プロペシアを女性が使用不可の理由

プロペシアは男性型脱毛症の治療薬です。ところで男性型脱毛症に類似したような症状は、実は女性にも起こり得るものです。そのため女性にもプロペシアを使用しても良いのでは、と考える人もいるかもしれません。しかしこれは絶対にやってはいけないことです。その理由は以下の通りです。まずプロペシアには、男性ホルモンや、それと結合することで発毛や育毛を阻害するような物質に変換してしまう特定酵素の分泌を抑える作用があります。男性ホルモンは女性の体内にも僅かながら分泌されています。そしてその作用が強く出ることで、女性の頭髪トラブルは発生しやすくなります。しかし女性の場合、それはプロペシアで抑えるほどではないと言うのが理由のひとつです。女性の場合、プロペシアで男性ホルモンに作用を及ぼすことよりも、発毛や育毛に働きかける作用を持った女性ホルモンの分泌利用を増やす努力をした方が、ずっと効果を期待できます。ところで女性ホルモンの分泌量には、男性ホルモンの分泌量も関係しています。ですからプロペシアを服用し、男性ホルモンの分泌量に影響が及ぼされると、女性ホルモンの分泌量までが狂ってしまう恐れがあります。女性ホルモンは女性の心身の健康を司っている存在です。そこに影響が及ぶと、頭髪トラブルだけではなくあらゆる面でトラブルが発生する可能性が高くなってしまいます。これもまた、女性が利用してはならない理由のひとつです。更にプロペシアの薬効は、妊娠中や妊娠を意識している女性には、その胎児にまで及ぶ可能性もあると言うのも理由です。胎児が男児であった場合、男性ホルモンの分泌量などが低下することで、性機能が未熟なまま誕生する可能性が指摘されています。また女児であった場合にも、何らかの影響が出てくる可能性は完全には否定できないとされています。そのためこのような女性に関しては、プロペシアの薬剤に触れることすら禁止されています。

続きを読む