プロペシアの効果は本物?

世界的にも有名なAGA治療薬のプロペシアですが、人々に愛されるだけあってその効果は本物なのでしょうか?どれくらい使い続ければ効果があらわれるのでしょうか?気になるプロペシアについて調べてみました。

2016年12月の記事一覧

レバーなどの食材の効果とプロペシアとフィンペシア

食生活の乱れは身体の様々な部分に悪影響を与える事になります。
昔の食生活は穀物を中心とした日本食であり、現代の食生活はアメリカなどの欧米化が進んでおり、これに伴い従来は発症しなかった症状を持つ疾患も多くなっています。

薄毛などにおいても、従来の薄毛と言うと円形脱毛症やハゲと言われているものが中心となっていましたが、食生活の乱れなどによりAGAと言った遺伝性を持つ薄毛などを生じさせてしまうケースも在ります。

食事は栄養バランスを考えて摂ることが大切なのですが、薄毛予防に最適な食材の一つにレバーが在ります。

レバーは体内細胞の代謝を促進させる作用を持ち、毛母細胞の細胞分裂を活発にするのが特徴で、レバーにはビタミンB2と呼ばれている成分が多く含まれているのが特徴です。

そもそもビタミンB郡と言う栄養素は、毛母細胞の細胞分裂を活性化する役割を持つため、レバー以外にも卵や大豆、乳製品、緑黄色野菜と言ったビタミンB2が多く含まれている食材が予防に最適と言われています。

プロペシアはAGAの特効薬として有名な医薬品で、AGA治療には欠かせない存在になっていますが、最近はフィンペシアと言うインドの製薬会社が発売しているジェネリック医薬品に注目が集まっています。

プロペシアとフィンペシアはそれぞれフィナステリドが成分となっている治療薬で、AGAの原因となる5αリダクターゼと言う還元酵素を阻害し、抜け毛を防止する事が可能になります。

尚、男性型脱毛症の治療として1日1錠を服用する事で、ヘアサイクルが正常になり発毛を期待する事出来ると言われています。

また、日本皮膚科学会が策定している男性型脱毛症ガイドラインの中でもフィナステリドが推奨されているのが特徴です。

続きを読む