プロペシアの効果は本物?

世界的にも有名なAGA治療薬のプロペシアですが、人々に愛されるだけあってその効果は本物なのでしょうか?どれくらい使い続ければ効果があらわれるのでしょうか?気になるプロペシアについて調べてみました。

2017年01月の記事一覧

プロペシア服用後も手入れ、抜け毛本数が増えることも

男性型脱毛症のAGA治療薬として、プロペシアを処方されることがあります。アメリカで開発された薬ですが、日本でも製造販売申請が認められていて、国内正規品の提供が行われています。

AGAが起こる原因物質のDHTは、脱毛が多くなっている部分の頭皮に多く見られるようになります。5α還元酵素によってテストステロンが変換され生成されるものであり、毛乳頭細胞に存在している男性ホルモン受容体と結合することで、退行期や休止期移行するように信号が出されてしまうため、成長期の期間が短くなって十分に髪の毛が伸びきる前に抜けてしまうようになります。

プロペシアは5α-還元酵素を阻害することに有効性があるのでDHTが作られにくくなり、成長期が十分に確保され健康な髪の成長が見られるようになってきます。

処方されて服用すると徐々に改善して行きますが、その過程で不健康な髪が抜けて正しいヘアサイクルで発毛を行おうとします。退行期や休止期の信号を受けて、成長が不十分だった髪の毛がたくさんなる人ほど本数が多く抜け変わるため、一時的に脱毛量が増えてしまう人がいます。初期脱毛と呼ぶ人もいますが、薬の作用が効き始めている証拠でもあるので、心配して薬の服用をやめたりしないようにしましょう。

初期脱毛が起きているときに、抜ける毛を見たくなくてあまり洗髪をしないで過ごしてしまう人がいますが、大きな誤りで健康な髪を生やすために手入れが重要な時期です。丁寧にシャンプーを行い、不健康な髪の毛が抜け変わるようにしなければならず、毛穴の汚れを取り除き頭皮の血行が促進されることも必要です。

プロペシアを服用しながら複合的な治療を受けることでより改善する人もいるので、医師の診察を受けて治療を進めていく方が高い効果が期待できます。

続きを読む